nonbiri-miyaのブログ

身軽になって日々を楽しむ 何気ない日常の記録

焦らずゆっくりと丁寧に

どんなことでも

ゆっくりと丁寧にやろうと

最近は気を付けています。

 

 

 

料理を作る際に

野菜や肉などを包丁で切る時は

慌てずにゆっくりと

切るようにしています。

 

 

調べてみると

ゆっくりと切る方が

食材の繊維も崩れず

雑に切るより美味しくなるそうです。

 

 

何より、急いで切っていて

包丁でケガでもしたら大変です。

 

 

 

炒めたりする時も

丁寧に作ることを心掛けて

慌てずに作業します。

 

 

丁寧に作った方が

美味しくできるに

決まっています。 

 

 

ゆっくりと作れば

油はねも減って、掃除もラクです。

 

 

多少はねても、

焦って作っていないので

すぐ油はねに気づいて

料理中でも簡単に

拭くことができます。

 

 

 

 

時間に追われるかのように

慌てて作業すると

私の場合、余計に手際が悪くなります。

 

 

焦っても、仕方ないです。

 

 

自分のペースを守って

何事も慌てないことが

自分には合っています。

 

 

f:id:nonbiri38:20190806122713j:plain


 

 

些細なことですが

お店のレジでお会計する際

財布からお金を出す時に

なぜか焦ってしまいます。

 

 

 

焦ってしまうと

財布から小銭が見当たらない

小銭が出せない

そしてさらに焦る

負のループです。

 

 

後ろの人を待たせたら申し訳ない

だから早くお金を出さないといけない

 

 

そうやって思っていると

焦ってくるのは当然です。

 

 

 

なので、最近は現金払いより

カード払いを選びます。

 

 

小銭を探す手間も省けて

カード1枚出すだけなので

焦ることもありません。

 

 

元々、現金主義だったのですが

キャッシュレス社会に

便乗しています。

 

 

レジで焦ることがなくなって

ありがたいです。

 

 

カード払いになって

金銭感覚が鈍るので

その点は注意が必要ですが。

 

 

 

f:id:nonbiri38:20190806123059j:plain


 

 

どんなことでも、焦ると

ろくなことはありません。

 

 

焦って行動しても

ミスをして、余計に時間がかかるに

決まっています。

 

 

 

何事も焦らず、ゆっくりと丁寧に

日々を過ごすのが

最近の目標です。

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

nonbiri-miya

 

 

 

相当面白いです。

読みやすいので、本が苦手な方にもおすすめです。

三島由紀夫レター教室 (ちくま文庫)