nonbiri-miyaのブログ

身軽になって日々を楽しむ 何気ない日常の記録

食べ過ぎた時の対処法

昨日は食べ過ぎました。

 

 

から揚げ、ミートソースパスタ、バナナケーキ…

 

食べてしまったことは仕方がないので

今日は控えめにして

お腹の中を整えます。

 

 

食べ過ぎると、身体全体が重く

気分もどんよりします。

 

やはり食べる量は腹八分目が

とても大切です。

 

 

 

私の場合、食べ過ぎた翌日は

朝食をヨーグルトだけにしたり

バナナ1本だけにしたりして

朝はパン類(穀物)を控えます。

 

そうすると、昼時には

お腹が空いてきて、通常に戻ります。

 

とても簡単です。

 

 

 

食べ過ぎた時は

いつも以上に歩くようにもしています。

 

 

駅まで自転車で行くところを

歩いて行く。

 

エレベーターやエスカレーターではなく

階段を使う。

 

わざと遠い場所の駐車場に車を止めて

多めに歩く。

 

ショッピングモール内を

無駄にうろうろする。

 

 

普段の生活の中でも、意識をすると

たくさん歩くことができます。

 

歩くことは、気軽にできるので

おすすめです。

 

 

 

食べ過ぎた次の日は

思いっきり掃除をします。

 

暑い時期は

少し動くだけでも汗をかきます。

 

掃除機を重点的にかけたり

普段拭かないところを水拭きしたり

 

掃除をすれば、部屋は綺麗になるし

エネルギーを消耗するので、身体は軽くなる

いいことづくしです。

 

 

f:id:nonbiri38:20190619115627j:plain

 

 

年齢を重ねてきて

代謝が年々悪くなっているのを

ものすごく感じます。

 

しかし、食べることが好きなので

上手く帳尻を合わすしかないです。

 

 

食べ過ぎたと思ったら

自分なりのやり方で早めに対処して

元の身体の状態に戻す

 

早めに対処した方が、ラクに戻せます。

 

後に伸ばすと、蓄積されて

元に戻すのが大変なので

なんでも早め早めが大切です。

 

 

思い立ったが吉日

思った時からすぐ行動するのが一番です。

 

 

 

自分のできる範囲で

食べる量を制限したり、動いたりして

常に健康な状態をキープする

 

何より健康第一です。

 

 

f:id:nonbiri38:20190619113629j:plain

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

nonbiri-miya

 

 

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 黒 FB-731-BK