nonbiri-miyaのブログ

身軽になって日々を楽しむ 何気ない日常の記録

温泉宿の白タオル

温泉宿に宿泊すると

身体を洗うための

白いタオルを1枚

ほとんどの宿でもらえます。

 

 

宿の名前がタオルの端に

プリントされている

普通の綿タオルです。

 

 

 

温泉宿でこのタオルをもらうと

必ず家に持ち帰ってきます。

 

 

白いタオルなので

家でも使いやすいし

吸水力も意外といいです。

 

 

1週間くらいは

硫黄の香りが

まだタオルに残っているので

旅の余韻に浸ることもできます。

 

 

宿の名前が印刷されているので

忘れたころに手に取ると

宿や温泉のことを思い出して

懐かしくなります。

 

 

 

f:id:nonbiri38:20190822160832j:plain

 

 

 

温泉宿の綿タオルは

家でも意外と役に立ちます。

 

 

 

薄い生地なので

洗濯してもすぐ乾いて便利です。

 

 

 

私は、家でお風呂に入る時に

洗い終わった髪の毛を

このタオルでぐるぐる巻きにして

水分をとったりしています。

 

 

分厚い生地ではないので

頭にも巻きやすくて

とても便利です。

 

 

 

バスタオルのない夫は

温泉宿のタオルで

いつも風呂あがりに

身体を拭いています。

 

 

 

夫にバスタオルを

買ってあげようとしても

必要ないと断られます。

 

 

フェイスタオルくらいの大きさで

十分拭けるみたいです。

 

 

洗濯物の量が減るので

ありがたいですが。

 

 

 

 

大きなバスタオルと違って

収納スペースも必要なく

洗濯しても乾きやすい。

 

 

温泉宿のタオルは

我が家で大活躍です。

 

 

 

f:id:nonbiri38:20190822161427j:plain

 

 

 

年に何度か温泉宿に行くので

いろんな宿の名前が

プリントされたタオルが

家にまだ残っています。

 

 

 

温泉を思い出しながら

温泉宿のタオルを

思いっきり家で使います。

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

nonbiri-miya

 

 

宮部みゆきさんの本。

ミステリーの面白さを知った本です。

火車 (新潮文庫)