nonbiri-miyaのブログ

身軽になって日々を楽しむ 何気ない日常の記録

無くても良かった物

nonbiri-miyaです。

 

 

物を出来るだけ少なくして

身軽になって、ラクに暮らす。

 

私が望む暮らし方です。

 

 

1.水切りかご

 

ずっとこれは必要なものだと思っていました。

 

あって当たり前のもの

絶対無いと不便

そう思い込んでいました。

 

それが、意外と無くても大丈夫でした。

 

水切りかごは場所をとります。

我が家の台所は作業スペースが狭いので

どうしても、水切りかごがあると

邪魔になります。

 

プラスチック製だったので

見栄えもあまり好きではありませんでした。

 

 

一度、なくしてみようと

水切りかご無し生活をしてみました。

 

(まだ処分する勇気がなく、一旦ベランダへ移動)

 

 

洗った食器類は、大きい皿から重ねていく

もしくはボールなどに入れておきます。

 

洗い終わった食器を軽く振れば

水滴も飛んで、多少は水切りができます。

布巾で拭いて完了です。

 

水切りかごがなくても

なんとかなりました。

 

そして水切りかごを処分。

 

水切りかごがあると

そのかご自体も水あかで汚れます。

それを洗うのも面倒です。

 

その都度、食器を拭けば

食器は片付いて時間も短縮です。

 

清潔な台所を維持できます。

 

 

 

2.トイレ用ブラシ

 

これも、ずっと定番で置いてあったものです。

 

トイレ内を掃除するときに

このブラシが邪魔でした。

 

そして、ずっと置きっぱなしなので

衛生面も気になりました。

 

かなり年季の入ったブラシを処分。

 

買い足さずに、トイレ用ブラシ無し生活を始めました。

 

結論、これも我が家では無くても大丈夫でした。

 

便器の中は手で洗っています。

使い捨てのビニール手袋をはめて

トイレットペーパーを使って

便器内をゴシゴシ洗って終了です。

 

簡単な掃除の場合は素手でします。

自分たちの汚れなので

素手でも気にならなくなりました。

 

 

トイレ用ブラシをなくしてから

トイレ掃除もしやすくなりました。

 

床に何も置いていないので

床拭きもさっとできます。

 

その都度、掃除で使うトイレットペーパーは

水に流してしまうので、

衛生面も良くなりました。

 

ものが減って、トイレ掃除がラクになる。

いい事づくしです。

 

 

 

水切りかごも、トイレ用ブラシも

我が家の場合は不要でした。

 

固定観念にとらわれていました。

無くてもなんとかなります。

 

それぞれ家族構成が異なるので

ご家庭によっては、あった方がいいのかもしれません。

 

あくまで私の場合は無くても平気でした。 

試しに一度、無くしてみるのもありかと思います。

 

無くても生活できるのなら

無いほうがいいです。

買いかえる手間も省けます。

 

 

身軽になって、ラクに暮らす

それが私の理想です。

 

 

f:id:nonbiri38:20190604162115p:plain

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

nonbiri-miya

 

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法