nonbiri-miyaのブログ

身軽になって日々を楽しむ 何気ない日常の記録

家は大きな持ち物

今、住んでいる家の

向かいにあった建物数件が

数日前から解体されています。

 

 

長屋であったり、

昭和を感じる

古い建物ばかりでした。

 

 

あっという間に壊されていく

その過程を見ていると

家を持つことの意味を

考えてしまいます。

 

 

今の場所に、長く住んでいる

訳ではないですが、

やはり、更地になっていくのを見ると

少し寂しい気持ちになります。

 

 

f:id:nonbiri38:20190712162701j:plain

 

 

この場所に引っ越してきてから

身近な場所が、新しく変貌しています。

 

 

家が壊されて更地となった場所に

新しい銀行やお店が出店し、

立派な公園が増設されました。

 

 

区画整理で川は整備され、

古い橋は、工事で新しくなりました。

 

 

道が整備されて

大きな街路樹はなくなり

新しい樹に植え替えられました。

 

 

 

 

田舎で育ったので

昔の趣きが残る街並みの方が

落ち着きます。

 

 

それでも、やはり時代の流れには

逆らえません。

 

 

新しくなったことで

良くなったことも

もちろんたくさんあります。

 

 

店が新しくできたので

買い物が便利になりました。

 

 

街頭のランプがLEDに変わり

夜間の道が明るくなったので

歩きやすくなりました。

 

 

道も整備されたので

車の運転もしやすいです。

 

 

街が新しく、綺麗になることは

とても良いことです。

 

 

 

それでも、時々

以前のような、薄暗かった頃の

街並みも良かったなぁと

思い出します。

 

 

新しい良さもあれば

古い良さもあります。

 

 

f:id:nonbiri38:20190712163028j:plain


 

人口減少に伴って

空き家が増加しているのにも関わらず

新築物件が、至る所で

建てられています。

 

 

家を新築しても

古くなったら、またすぐ壊される

 

 

一瞬にして壊される家を見ると

本当にもったいないなぁと思います。

 

 

 

今は、賃貸に住んでいます。

 

 

今のところ、家を買う予定は

全くありません。

そんな資金もありませんが。

 

 

一つの場所に住むよりも

いろんな場所で暮らしたいからです。

 

 

我が家の場合、

家を持つよりも

すぐ引っ越せる身軽さを選びます。

 

 

身軽に生きたい自分には、

「家」は大きすぎる持ち物です。

 

 

持ち物を減らして

身軽になって、自由に生きるのが

理想の生き方です。

 

 

f:id:nonbiri38:20190712163514j:plain



 

街の雰囲気は、

時代とともに変化します。

 

 

その時々で、住みやすい街を探して

暮らしていきます。

 



向かいの解体された家の跡地には

果たして何が建つのか、

気になります。

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

nonbiri-miya

 

このドラマは毎週観ていました。 

フリーター、家を買う。DVD-BOX (予約特典ミニクリアファイル無し)