nonbiri-miyaのブログ

身軽になって日々を楽しむ 何気ない日常の記録

街の本屋は落ち着く場所

街中の本屋さんが好きです。

混雑した街に来ても

比較的静かで、落ち着きます。

 

 

 

電子書籍が増えていますが

私は、紙の本が好きです。

 

 

お目当ての本を探しに

本屋へ行くこともあれば

何の目的もなく

本屋に寄ることもあります。

 

 

本屋へ行くと

出合いがあります。

 

 

本屋の店員さんおすすめの

本を手に取ってみたり

平積みになった本の

帯を見て、気になったり。

 

 

普段、読まない作家さんは

ふとしたきっかけがないと

なかなか読みません。

 

 

本屋へ行くと

そういう馴染みのない作家さんの本も

目に付きます。

 

 

全く読んだことのない

作家さんの本に出合い

買って読んでみると、

ものすごく面白い場合があります。

 

 

そうすると他の作品も

読んでみたくなります。

 

 

こうやって世界が広がっていきます。

 

 

なので、本屋へわざわざ出向いて

自分の目で見て、

本を買うのが私は好きです。

 

 

f:id:nonbiri38:20190717202435j:plain

 

 

買う本を決めないで

本屋へ行く時は

まず新作コーナーをチェックします。

 

 

たくさんの新作が

ジャンルを問わず

豊富に並んでいるので

読んでみたい本が見つけやすいです。

 

 

 

自己啓発本

多く読んでいた時期もありましたが

ここ最近は、小説が好きです。

 

 

本を読んでいる時間は

本の世界に入れます。

現実逃避ができて面白いです。

 

 

本は、知らない世界を

知ることができます。

 

 

本の力は偉大です。

 

 

f:id:nonbiri38:20190717201852j:plain

 

 

人でにぎわう街中に出ると

雑踏で疲れます。

 

 

そんな時、本屋さんへ行くと

心も体もリラックスできます。

 

 

ネットで簡単に

本を買える時代ですが

街の本屋さんは

ずっと残っていてほしいです。

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

nonbiri-miya

 

このシリーズは一気読みしました。

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)