nonbiri-miyaのブログ

身軽になって日々を楽しむ 何気ない日常の記録

年季の入った自転車

今週のお題「わたしと乗り物」

 

 

年季の入った自転車を

なかなか手放すことができません。

 

 

前方に付いたカゴは錆びつき

ベルは日光にあたり過ぎて

ボロボロです。

 

 

タイヤはパンクを繰り返して

何度も交換し、

サドルも3度替えました。

 

 

至る所にガタがきている

自転車ですが

まだ乗れるし、しっかりと動くので

乗り続けています。

 

 

引っ越すたびに

持ってきた自転車なので

愛着があるのかもしれません。

 

 

 

見た目がボロボロなので

駅前の自転車置き場に置いていても

盗まれる心配がなく

その点は助かっています。

 

 

f:id:nonbiri38:20190816160450j:plain


 

 

暑い夏の時期は

自転車に乗る機会が減ります。

 

 

自転車に乗っていると

日傘をさせないので

近くの場所に行くときは

日傘をさして徒歩で行きます。

 

 

 

ここ最近の移動手段は

徒歩か車のどちらかです。

 

 

 

乗らなくなった自転車を

久しぶりに見てみると

蜘蛛のアジトとなっていて

蜘蛛の巣だらけでした。

 

 

ただでさえ古い自転車なのに

余計に無残な姿に見えました。

 

 

落ちていた木の枝で

蜘蛛の巣をきれいにとって

元通りにしました。

 

 

申し訳ない気持ちになり

きれいになった自転車で

久しぶりにスーパーまで

買い物に行ってきました。

 

 

久しぶりに乗った自転車は

タイヤの空気が少なく

こぐのもひと苦労です。

 

 

タイヤの空気も

しっかり入れたので

秋になったら

たくさん乗ろうと思います。

 

 

f:id:nonbiri38:20190816160642j:plain

 

 

どんなものでも

愛着のあるものは

なかなか手放せません。

 

 

年季の入った自転車を

しっかりと手入れして

出来る限り

長く乗り続けたいです。

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

nonbiri-miya

 

 

時々、読み返しています。 

モモ (岩波少年文庫(127))